Exhibition: 16 January ­‐ 27 March 2016, ArtScience Musuem
Awards: 19 January 2016, Sands Theatre, Marina Bay Sands

PRESS

For press enquiries, please contact:

W Communications
41A Neil Road, Singapore 088824

Contact: Aly Ang

+65 9695 7230
aly@wcommunications.sg 

Parallel Contemporary Art
62 Neil Road
Singapore 088833
+65 6513 0309

Contact : Shao Hui Kwok
s.kwok@parallelcontemporaryart.com


Head slide lim yaohui elyh 9369
21 Jan 2015

BIGBANGのT.O.P、アジア現代美術「ビジュアル・カルチャー」賞受賞

BIGBANGのT.O.P、アジア現代美術「ビジュアル・カルチャー」賞受賞

アジア現代美術の発展のために設けられた「プルデンシャル・アイ・アワーズ2015(Prudential Eye Awards 2015)」の授賞式で、石鹸で製作した彫刻に時間性を付与してきたシン・ミギョン氏が本賞である「Best Emerging Artist」の彫刻部門の作家に選ばれた。また、BIGBANGのT.O.P(本名チェ・スンヒョン、28)が特別賞の「Award for Visual Culture」を受賞した。

20日午後、シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズ・ホテル内にあるマスターカード・シアターで行われた授賞式で、シン作家は彫刻部門で名和晃平氏(日本)とイチワン・ヌル氏(インドネシア)を抜いて本賞を受賞し、賞金2万ドルとトロフィーを受け取った。T.O.PはK-POPスターで現代美術愛好家としてポップ音楽とコンテンポラリーアートというジャンルを越えた芸術の価値を伝播した点が高く評価された。

プルデンシャル・アイ・アワーズはアジア現代美術を世界に広め、若手アジア作家を励まそうと昨年から始まった。英国ロンドンのサーチ・ギャラリーやパラレル・メディア・グループ(Parallel Media Group、PMG)の芸術関連の非営利機関であるパラレル・コンテンポラリー・アート(PCA)がプルデンシャル保険の支援を受けて進めている。

PMGとサーチ・ギャラリーは2009年から韓国の現代美術作家を支援する「コリアン・アイ(Korean Eye)」をはじめ「インドネシア・アイ」(2011)、「香港アイ」(2013)、「プルデンシャル・マレーシア・アイ」(2014)を進めてきた。

シンガポール独立50周年をむかえた今年は、マリーナ・ベイ・サンズ・ホテルとアート・サイエンス・ミュージアムの協力を得て行事規模をより大きくした。

まず「プルデンシャル・シンガポール・アイ」を新設してシンガポールの若手作家に新たな展示の場を用意した。「シンガポール・アイ」展示はアート・サイエンス・ミュージアムで17日開幕、6カ月間の日程を継続する。

アイ・アワーズの場合、部門別受賞候補者などの作品をアート・サイエンス・ミュージアムで17日から3月31日まで展示している。特に今年は授賞部門を新たに4つ新設して合計13部門になった。ハイライトの「Best Emerging Artist」は合計6部門だ。部門別の大賞受賞者は米ドル2万ドルとトロフィー、部門別受賞者6人のうち大賞受賞者は米ドル3万ドルとトロフィー、そしてロンドンのサーチ・ギャラリーで個人展を開く機会を得ることになる。他の部門の受賞者にはトロフィーだけが授与される。

同日、大賞は日本のチーム・チンポム(Chim Pom)が占めた。