Exhibition: 16 January ­‐ 27 March 2016, ArtScience Musuem
Awards: 19 January 2016, Sands Theatre, Marina Bay Sands

PRESS

For press enquiries, please contact:

W Communications
41A Neil Road, Singapore 088824

Contact: Aly Ang

+65 9695 7230
aly@wcommunications.sg 

Parallel Contemporary Art
62 Neil Road
Singapore 088833
+65 6513 0309

Contact : Shao Hui Kwok
s.kwok@parallelcontemporaryart.com


Head slide art it asia
22 Jan 2016

Prudential Eye Awards 2016

2016年1月20日、シンガポールのマリーナベイ・サンズのアート・サイエンス・ミュージアムにて、アジアの現代美術の新進アーティストを対象としたプ ルデンシャル・アイ・アワードの授賞式が行なわれ、彫刻部門にノミネートされていたカンボジア出身のアーティスト、サレス・スヴォイがグランプリであるエ マージング・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

サレス・スヴォイは1972年バッタンバン(カンボジア)生まれ。現在は、カンボジアのシェムリアップを拠点に制作活動を行なう。カンボジ アの歴史に対して個人的かつ詩的なアプローチで取り組み、歴史における社会的、政治的な要素を彫刻やパフォーマンス、インスタレーションを通じて、提示す る作品を発表している。クメール・ルージュ統治下、家族とともにタイ国境沿いの難民キャンプで生活を営んだサレス・スヴォイは、93年に帰国するまでの 13年の間に、キャンプに滞在したフランス人アーティスト、ヴェロニク・ド・クロップから美術を学んだ。94年、クロップの生徒らとともにバッタンバンに NGO組織「ファー・ポンルー・セルパク」のアートスクールを設立。その後、サレス・スヴォイはフランスに渡り、2009年にカン国立高等美術大学で修士 号を取得する。近年の主な展示に、SA SA BASSAC(プノンペン)での個展のほか、第4回シンガポール・ビエンナーレ、シンガポール美術館、パレ・ド・トーキョー、光州市立美術館の企画展など がある。

プルデンシャル・アイ・アワードは、2014年に「グローバル・アイ・プログラム」(プルデンシャル、パラレル・コンテンポラリーアート、サーチ・ギャラ リー)によって、広域アジア地域における新進アーティストを対象に設立された。各地域の専門家によって推薦された100名以上のアーティストの中から、 「デジタル/ヴィデオ」「インスタレーション」「絵画」「写真」「彫刻」の5部門3名ずつのアーティストを最終候補に選び、展覧会を開催する。

エマージング・アーティスト・オブ・ザ・イヤーのほか、彫刻部門を受賞したサレス・スヴォイが計50,000ドル(約585万円)を受賞。そのほか、小西紀行がノミネートされていた絵画部門は、インド出身のマニッシュ・ナイが受賞。デジタル/ヴィデオ部門は、グエン・チン・ティ、インスタレーション部門は、ホァン・ポージィ[黄博志]、写真部門は、シュモン・アーメドが受賞。各アーティストにはそれぞれ20,000ドル(約234万円)が授与された。また、新設された4部門のうち、生涯功績部門は、タイの伝統的な文化、技術を取り入れた作品で知られるサカリン・クルエ=オンが受賞。展覧会部門では、香港のオルタナティブ・スペース「パラサイト」が2003年に企画した『グレイト・クレセント:1960年代のアートとアジテーションーー日本、韓国、台湾』が受賞(昨年、森美術館のMAMリサーチ第1弾として、同企画を再構成した展示が行なわれている)。なお、最終候補15名の作品が揃う展覧会『プルデンシャル・アイ・アワード2016』は、アート・サイエンス・ミュージアムで3月27日まで開催している。


各部門受賞者
デジタル/ヴィデオ部門:グエン・チン・ティ
インスタレーション部門:ホァン・ポージィ[黄博志]
絵画部門:マニッシュ・ナイ
写真部門:シュモン・アーメド
彫刻部門:サレス・スヴォイ

生涯功績部門:サカリン・クルエ=オン
美術機関部門:スプリング・ワークショップ(香港)
展覧会部門:『グレイト・クレセント:1960年代のアートとアジテーションーー日本、韓国、台湾』(パラサイト、香港)
ヴィジュアル・ポピュラーカルチャー部門:スロットマシン[Slot Machine]


プルデンシャル・アイ・アワードhttp://prudentialeyeawards.com/